ホームへ戻る

アクセスカウンター

第5回  Campion(1902)顆路測定, Gysi(1901)顆路測定, Christensen(1905)ChB

第5限 Campionの顆路測定
テーマ
1.実際に顆路傾斜度を計測してみよう

供覧資料
1.Campionが制作した描記装置のレプリカ

配布資料
1.Campionの論文(1902)

実習 描記装置を作ってみよう
1.描記装置の作成。

宿題
1.顆路は平均値でしたか。


第5限 Gysi の弾筆による顎運動の測定(パントグラフの始原)
テーマ
1.顎運動の測定(Campion からの進化)

供覧資料
1.Gnathomatic咬合器によるデモ

配布資料
1.Gysiの論文(1910)

実習 透視図による側方運動の実習
1.作業側顆頭とGoAの変化を見てみよう
2.透視図で、顆頭は前進しているのに、描記板では後方へ行く場合がある。

宿題
1.矢状顆路傾斜度と作業側顆頭の前後運動が調節可能になった。
  全調節のためにはあといくつの調節ファクターが必要か


第5限 Christensenの矢状顆路傾斜度測定法 ChB
テーマ
1.計測法(口外法) V.S. ChB法(口内法)
2.計測法の欠陥 V.S. ChB法の欠陥

供覧資料
1.Gysi Simplexなどの平均値咬合器にFaceBowが取り付けられたテキストなど。

配布資料
1.Christensenの論文(1905) または Hallの論文

実習 GoAトレーサー製作
1.GoAトレーサーはBTのための器具だった

宿題
1.咬合器にChBを載せるときの注意点は何ですか。そのままではダメ。

今後の反省の糧とするために、出席者全員に感想文を書いていただきます。

2018年07月13日 20:06

ブログ一覧 (新しい項目が上)

2019年

「レオナルドとミケランジェロの美術思想史的特徴~裾分先生の添削 澤田昭雄先生のコメント~」
「桑田正博先生の思い出」
「裾分先生との二泊三日のレオナルド」
「デカルトへの批判的考察」
「現象学 立松弘孝先生の最終講義」
「立松弘孝先生の最終講義」の翻案」
「私とお茶と禅」
「レオナルド紙葉の遍歴」
「解剖学と画家レオナルド」
「現象学の勧め」
「歴史学と現象学」
「中川米造先生の思い出」

2011年

「臼歯部の咬合接触点」

2010年

「日常のBGN使用例 #6」重要症例
「古代ローマの医学」
「補綴史研究所を設立したい」
「BGN咬合器の調節 Map」
「平均値への逃避と平均値からの脱出」
「古代ギリシアの医学」
「非作業側顆路調節の臨床的意」
「ベネット運動と半調節性咬合器」
「四国ブリッジ」
「レオナルド研究の灯を消すな」

2009年

「BGN咬合器の特徴」
「1800年代の咬合器」
「私と言語学」
「木刻床の遺産」
「Schwarze咬合器に想う」
「医学史に見る歯科の歴史」
「BULLの法則」
「日常のBGN使用例 #5」
「私と数学」
「テクニシャンのための美学入門」
「日常のBGN使用例 #4」

2008年

「日常のBGN使用例 #3」
「日常のBGN使用例 #2」
「日常のBGN使用例 #1」
「歯科医学史講義録」
「T-4咬合器_最初の全調節」
「5分間のStuart講義」
「補綴と補綴観」
「現象学と咬合の観察」
「私の顎関節症の治療法」
「咬合処方と咬合器」
「BGN咬合器誕生までの経緯」

2005年

「歯牙負担と粘膜負担のメカニズム」
「咬合器と咬合分析の歴史」

1997年

「デカルトへの批判的考察」

1995年

「顎関節症の混沌」

1989年

「顎関節症小史」

1986年

「パーシャルデンチャーの歴史」
「BGN咬合器の実習デモ」

サイドメニュー

モバイルサイト

ビギナーのための全調節性咬合器『BGN咬合器』スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら