ホームへ戻る

アクセスカウンター

2225A3

特筆記事一覧

特筆記事一覧 (新しい項目が上)

2021年

「私の『咬合と咬合器の歴史』を読んでいただいた方々へ」

2020年

「西洋歴史思想の展開 by 岸田達也」

2019年

「レオナルド・ダ・ヴィンチとミケランジェロ」
添削版「レオナルド・ダ・ヴィンチとミケランジェロ」
「桑田正博先生の思い出」
「裾分先生との二泊三日のレオナルド」
「デカルトへの批判的考察」
「現象学 立松弘孝先生の最終講義」
「立松弘孝先生の最終講義」の翻案」
「レオナルド紙葉の遍歴」
「現象学の勧め」
「歴史学と現象学」
「中川米造先生の思い出」

2011年

「臼歯部の咬合接触点」

2010年

「古代ローマの医学」
「古代ギリシアの医学」
「四国ブリッジ」

2009年

「私と言語学」
「木刻床の遺産」
「医学史に見る歯科の歴史」
「私と数学」
「テクニシャンのための美学入門」
「日常のBGN使用例 #4」

2008年

「歯科医学史講義録」
「補綴と補綴観」
「現象学と咬合の観察」

2005年

「歯牙負担と粘膜負担のメカニズム」
「咬合器と咬合分析の歴史」

1997年

「デカルトへの批判的考察」

1995年

「顎関節症の混沌」

1989年

「顎関節症小史」

1986年

「パーシャルデンチャーの歴史」
カリキュラム 原典による咬合論・咬合器 入門 (詳細は画像をクリック)
123456789101112
原典によるパーシャルデンチャー入門 原典による顎関節症入門
1883 Starr カリキュラム画像_コピー141926 井上アタッチメント_コピー16 1718

   インターネットで BGN勉強会が開催されています。
        夜間コースでスタートしますが、他の曜日・時間帯でも対応します。

BGN勉強会 はコロナの関係でインターネット開催となりました。
すでにスタートしていますが、途中参加者募集中(詳細はこちら)

第5期 BGN勉強会
原典による補綴史 入門
1.5年 18回 コース
日時:2021年は毎月第2木曜日 20:0 ~ 22:00
   2022年は毎月第3木曜日 20:0 ~ 22:00
費用:歯科医師5,000円/回 歯科技工士3,000円/回
         リピーターは夫々、3,000円/回 2,000円/回
3回以上のリピーター・大学関係者・学生は 500円/回
    (配布資料・スライドを含む)
  
(費用は18回を一括または3分割にて納入)
BGN勉強会 第5期生募集中
BGN勉強会 内容 開催日程 はコチラをクリック

 いろいろな勉強の仕方があろうかと思いますが、私の経験から、咬合はその歴史から入るのが一番簡明だと思います。
 咬合の歴史を研究した人は少ないのではないでしょうか。
この道一筋に40年が経過しました。
 何かをお伝えすることは、私に負わされた使命のようなものを感じます。 
一緒に勉強しませんか。どなたでも、ご遠慮なくお入りください。 

2015. 8. 14

会社概要

商 号 有限会社 BGN
代表者 代表取締役社長 永田和弘
創 業 平成15年8月14日
資本金 3,000,000円
所在地 東京都小平市学園西町2-9-37
電話 042-343-2001

事業内容

  1. 歯科用機械器具の設計、製造および販売
  2. 出版業
永田和弘

◆代表◆永田和弘◆

  • 履歴
  • 昭和18年生まれ 三重県伊勢市
  • 昭和36年 三重県立伊勢高校卒業
  • 昭和44年 大阪大学歯学部卒業
  • 平成25年 東北大学大学院卒業(歯学博士)
     
  • 教職歴
  • 広島大学歯学部 元非常勤講師(1985.4~2008.3)
  • 大阪大学歯学部 元非常勤講師(2011.10~2017.3)
  • 東北大学歯学部 非常勤講師(1990.4~現在に至る)
  • 主たる専攻分野:歯学思想史・咬合器の歴史
  • 平成12年 東京都の助成を受けてBGN咬合器を開発
     
  • 職歴
  • 昭和44年 大阪市阿倍野区 小室歯科医院勤務
  • 昭和52年 三重県松阪市 永田歯科医院開設
  • 昭和63年 東京都練馬区 永田歯科医院開設
  • 令和 2年 東京都練馬区 永田歯科医院閉院

    現在 BGN勉強会にて 後進の育成に力を注いでいる。
  • toplogo
  • 〒187-00545
    東京都小平市学園西町 2-9-37
  • TEL:042-343-2001

サイドメニュー

記事一覧 (新しい項目が上)

2021年

「私の『咬合と咬合器の歴史』を読んでいただいた方々へ」

2020年

「岸田達也先生の思い出 追悼の辞」
「西洋歴史思想の展開 by 岸田達也」
「レオナルドの基本文献100 by 裾分」
「レオナルド基本資料100(A)_B5」
「レオナルド基本研究書100(B)_B5」

2019年

「レオナルド・ダ・ヴィンチとミケランジェロ」
添削版「レオナルド・ダ・ヴィンチとミケランジェロ」
「桑田正博先生の思い出」
「裾分先生との二泊三日のレオナルド」
「デカルトへの批判的考察」
「現象学 立松弘孝先生の最終講義」
「立松弘孝先生の最終講義」の翻案」
「私とお茶と禅」
「レオナルド紙葉の遍歴」
「解剖学と画家レオナルド」
「現象学の勧め」
「歴史学と現象学」
「中川米造先生の思い出」

2011年

「臼歯部の咬合接触点」

2010年

「日常のBGN使用例 #6」重要症例
「古代ローマの医学」
「補綴史研究所を設立したい」
「BGN咬合器の調節 Map」
「平均値への逃避と平均値からの脱出」
「古代ギリシアの医学」
「非作業側顆路調節の臨床的意」
「ベネット運動と半調節性咬合器」
「四国ブリッジ」
「レオナルド研究の灯を消すな」

2009年

「BGN咬合器の特徴」
「1800年代の咬合器」
「私と言語学」
「木刻床の遺産」
「Schwarze咬合器に想う」
「医学史に見る歯科の歴史」
「BULLの法則」
「日常のBGN使用例 #5」
「私と数学」
「テクニシャンのための美学入門」
「日常のBGN使用例 #4」

2008年

「日常のBGN使用例 #3」
「日常のBGN使用例 #2」
「日常のBGN使用例 #1」
「歯科医学史講義録」
「T-4咬合器_最初の全調節」
「5分間のStuart講義」
「補綴と補綴観」
「現象学と咬合の観察」
「私の顎関節症の治療法」
「咬合処方と咬合器」
「BGN咬合器誕生までの経緯」

2005年

「歯牙負担と粘膜負担のメカニズム」
「咬合器と咬合分析の歴史」

1997年

「デカルトへの批判的考察」

1995年

「顎関節症の混沌」

1989年

「顎関節症小史」

1986年

「パーシャルデンチャーの歴史」
「BGN咬合器の実習デモ」

サイドメニュー

モバイルサイト

ビギナーのための全調節性咬合器『BGN咬合器』スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら